2021年の大河ドラマ「青天を衝け」の主人公渋沢栄一さん。500の民間企業600の社会公共事業に携わり、日本経済の父とも称され、ノーベル平和賞候補に選ばれた偉人です。

埼玉県深谷市に旧渋沢邸

激動の幕末から明治大正昭和まで1840年から1931年まで駆け抜けました主演は吉沢亮さんです2月14日放送スタートです 埼玉県の深谷出身です生誕の家には旧渋沢邸があります明治28年に建てられたものだということです現在は一般公開されていませんが一番奥の方の部屋が渋沢栄一さんが家を出た後も戻ってきた時には寝泊まりしていたという部屋があります六畳間ですね 

渋沢栄一がかかわった企業や社会公共事業

この渋沢栄一がかかわった企業や社会公共事業 一人の人間が一生のうちにこれだけのことができるんでしょうか
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 日本製紙
  • 日本郵船
  • 日本旅客鉄道
  • 朝日
  • 国士舘大学
  • 一橋大学
 業績の中には今の日常生活にも変わるものはいっぱいあります
  • 電気
  • ガス
  • 電車
  • 明治神宮
  • 病院
  • ホテル
  • 銀行
  • ビル
こういった全ての命に関わる事に貢献しています

渋沢栄一の哲学 お金を稼ぐことは悪くない

お金を稼ぐことは悪くない。それを何に使うかどうやって社会に貢献していくかということが重要なんだ
というふうに考えていました。 世の中に使うのであればお金を稼ぐのは全く問題ないということです。日本人もこういう風にダイナミックに考えていかないといけないですね 

渋沢栄一の生涯

天保11年1840年 豪農に生まれる

天保11年1840年武蔵国血洗島現在の埼玉県深谷市の農家に生まれました 改行若い子から生糸を取るよう産業です染料のもとになるあいだまも作っていました神に立つ者は下の者への責任があるという風に父親に教わりましたお母さん田舎冬美さんです 
人は生まれた時からいろんなものと繋がっているんだ
と厳しく教わります 一人でも多くの人の幸せを小さい時から意識しました年上のいとこから小高じゅんじゅんか学問のいろはを学びます 渋沢喜作は相棒のえないとこですもう一人のいとこは千代です 大人になったら橋本愛さんが演じます

感情が豊か

感情が豊かでオモテウラがなくその時の自分の感情にものすごく素直な形だったんだなとのびのびと演じることを意識しているそうです 家の仕事を手伝ってるうちに商売の面白さに目覚めます世の中は商いでできています 

身分制度に不満

身分制度で侍が一番上と言う不公平に不満を感じます  論語と算盤という本を書いています道徳と利潤を調和させると言う哲学です 

1840年幕末に生まれましたがかなりの豪農です 商売の面白さを知り18歳で結婚します尊王攘夷の思想に目覚めます 天皇を尊び外国を人を排斥するしそうです 外国には納得していなかったようです

一橋慶喜に出会い家臣に

しかし1864年一橋慶喜に出会い家臣になります 1867年大政奉還となりパリ万博に慶喜に随行してて見に行くことができ大きな刺激を受けます ここで世界の資本主義の凄さを見てしまいました それまでは上下身分制度は厳しかったのに、軍人と銀行か小人が対等に話していく世界を目の当たりにしました

帰国してから明治新政府に弛緩します人蔑称大蔵省に使います 1875年から民間企業などに大きくかかっていきます 民間で現場でやっていこうという意識を現実のものにしていきました 
ペリーの来航
猪巻大きなことは外国からの圧力そしてペリーの来航です黒船です日米和親条約を締結しこのようなダイナミックな変化は閉塞を感じていた若者に大きな刺激を与えます 

徳川慶喜

水戸で少年時代を過ごした徳川慶喜は厳しく鍛えられできました お父さん役は竹中直人さんです いち早く尊王攘夷を唱えていました べっ甲と呼ばれるほど外国船打払と厳しく対抗していましたが 安政の大獄がおきます 徳川慶喜を演じるのは草彅剛さんです とか由伸はやはり終わりが見えた幕府を引き継いで実際に大政奉還へ導くという役回りです すでに徳川の命は尽きていると由伸に訴えます この二人の関係が前半の中心になりそうですね 馬で通過するよしのぶに追いかけて直談判するということはひょっとしたらそのまで来られてしまってもおかしくないぐらいこの行動力はすごいですね 
将軍になりたくない
徳川慶喜子も今の将軍になりたくないと言っていた 頭のよかった慶喜はその難しさも分かっていたしそれを覚悟して食に着きました 慶喜は大政奉還の後隠居しました 
隠居後はカメラマンになっていた
実はカメラマンをやっていたそうです実際に東京飛鳥山の渋沢栄一の家を撮影しています この二人の絆は生涯続くと言います なんと雑誌にも投稿していたそうです シブサワコウ演じるのは高良健吾さんこんな

NHK大河ドラマのための巨大セット

渋沢さんの家と千代ちゃんの家そして周囲の畑までも全部実際に作ったセットだということですこんな大きなセットは見たことがないとびっくりしています 何か時代を変えていこうという気持ちがこんな田舎の風景から生まれてきたというのは興味深いですよね 徳川家康のは北大路欣也さんです 

混乱の時代は現代に通ずる?
幕末と言うと翻弄されている時代ということですが混乱に乗じていろんな人がいろんなことをやっていた時代ですこの頃なんで混乱した現代にも通じるものがあるかもしれませんこの暮らしぶりが変わることへの対応力が求められています 幕末から明治屋こんなの時代を高い志で切り抜けてきました誰かが国を守らねば守り方は変わってもそこだけわかっていなかったんですね有名ですが意外と知られていなかった実業家として有名になる前を丁寧に描写しています2月14日夜8時からスタートです 

更新履歴